こだわり なりたい

初心者にもおすすめ!かっこいいスポーツバイクの選び方

スポーツバイクの選び方

スポーツバイクの種類と,目的別におすすめスポーツバイクの選び方を初心者向けに紹介!趣味として自転車を始めたいけどロードバイク,マウンテンバイク,クロスバイク…かっこいいスポーツバイクがいろいろでどれを選べばいいの?自転車の経験者がお悩みと選ぶ時の注意点をお教えします!

    目次
  • 1.スポーツバイクの種類と特徴
  • 2.目的別おすすめスポーツバイクの選び方
  • 3.スポーツバイクの選び方・買い方における注意点

スポーツバイクの種類と特徴

スポーツバイクは細かく種類を上げていくと数がかなり多いので,主要な三種類について説明したいと思います.

ただし三種類に共通するのは,シティサイクルという日常で使うものとは異なる,あくまで趣味で使うスポーツバイクであるということを念頭に設計されているので,シティサイクルよりも細かくメンテナンスをしないと,最大限のパフォーマンスを発揮できなくなる,ということです.

おすすめスポーツバイクその1:ロードバイク

ロードバイクとはその名の通り,舗装路での走行を想定したスポーツバイクになります.高速なスピードで走るための機能が満載です.例えば,ロードバイクのドロップハンドルはシティサイクルの真っ直ぐなフラットハンドルよりも姿勢を前のめりにでき,結果として,走行方向とは逆向きに見てライダーの投影面積が減るため空気抵抗を減らすことができます.

他にも,空気抵抗を減らすための形状をしたフレームやホイールなど,速く走るための機能に特化しています.シティサイクルとの主な違いは,先にも上げたとおり,ハンドルやフレームの形状の違いに加えて,タイヤが細いことや,2×11段変速(クロウスレシオといってシティサイクルやマウンテンバイクよりも小刻みにギアの重さを変えることでレース時に速度を調節する目的で段数が多い)などの特徴があります.

軽量化を図るためにフレームは比較的にシティサイクルより強度は少なく,昔ではアルミやクロモリといった素材が主流でしたが,現在ではカーボンが主流となりつつあります.アルミやクロモリは強度に優れるため,今でも旅用自転車の用途で用いられることが多いです.カーボン製のフレームに旅の荷物を積む,といったことは安全性の面で危険なので避けるべきです.

用途としては,ツーリングはもちろんのこと,レースなどの利用が主となります.長距離の自転車通勤にも対応が可能です.

おすすめスポーツバイクその2:マウンテンバイク

マウンテンバイクは舗装路での走得意とするロードバイクとは対照的に,未舗装路である山や林道を走ることに重点を置いたスポーツバイクになります.

具体的にどのような技術が使われているのかというと,サスペンションと呼ばれる,バイクへのショックを和らげるための装置が挙げられます.サスペンションは,主にはマウンテンバイクのフレームと前輪をつないでいるフォークと呼ばれる部位に装備されていることが多いです.

また,通常のゴム製のブレーキではなく,自動車に装備されているような,ディスクブレーキを装備したものも増えています.ゴムは雨に濡れてしまうと制動力が落ちてしまいますが,ディスクブレーキは金属のプレートをローターで挟むことで制動するので,雨に濡れようと制動力がが低下することはありません.マウンテンバイクは,路面状況が悪い状況でも走れることを想定に作られているため,そのような装備になっているのです.

他にも,タイヤはシティサイクルよりも太く,ブロックパターンと呼ばれる凹凸のあるものが悪路に対抗するために用いられます.

用途としてはあまりツーリングには向きません.耐久力を高めるために重量があり,高速走行は難しいと考えられるからです.山などの未舗装路に遊びに行く,といった使い方が適すると思われます.

自転車通勤に対しても,丈夫ではありますが,長距離は難しいでしょう.通勤道中に未舗装路があって,比較的短距離,という場合には,シティサイクルよりも適性があるといえるでしょう.なお,サスペンションやブレーキの種類はマウンテンバイクのより細かな分類により異なります.

おすすめスポーツバイクその3:クロスバイク

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクを交配(クロス)させたスポーツバイクです.

ロードバイクは高速走行に特化していますが,堅牢さという面で不安が残ります.マウンテンバイクはどんな悪路,状況であっても走りぬくことができますが,高速走行には不向きという特徴がありますが,この二種のスポーツバイクのいいところを融合させたものになります.

ハンドルには乗りやすいようにフラットハンドルが用いられ,タイヤはブロックパターンではなく,ロードバイクと同様の細いタイヤ,ブレーキを装備し,フレームにはロードバイクほどではないが軽量なものが用いられるケースが多いです.

融合というわけで,もちろん,ロードバイクよりのクロスバイクもあれば,マウンテンバイクよりのクロスバイクもあります.主な用途としては街乗りや,通勤です.程よいバランスタイプのスポーツバイクなので,通勤においては最も便利なものとなるでしょう.

ツーリングという面では100km 程度までならなんとかなる印象がありますが,それよりも長距離を走るとなると,ロードバイクのほうが快適でしょう.値段もロードバイクとマウンテンバイクに比べてお手頃な値段です.


目的別スポーツバイクの選び方

長距離ツーリングなどにおすすめのスポーツバイクなら

ロードレースや長い距離のツーリングをする場合はロードバイクを選択すると良いでしょう.

ロードレースに出場し,ツーリングをするといった場合にはカーボンは避けたほうが良いです.理由は前述のとおりです.初めての一台はだいたい10万から30万ほどの完成車を購入することをおすすめします.

スポーツバイクにはコンポーネントという考え方があって,変速機とブレーキをセットにしてそのように言っているのですが,一般にロードレースやツーリングで不自由しない性能のコンポーネントはSHIMANO 105 というシマノの中級グレードのものになります(他にもCampagnolo やSRAM といったコンポーネントのメーカーが有りますが,初心者には向かないでしょう).

大体そのコンポーネントが搭載される価格帯の自転車が10万から30万円となります.また,その価格帯であればフレームはある程度の軽さがあり,ホイールなどのパーツを変えていっても不自由しないと考えられます.

山や未舗装路で遊ぶ人におすすめのスポーツバイクなら

山や未舗装路で遊ぶ,という方にはマウンテンバイクがおすすめです.

前述したとおり,マウンテンバイクには様々な種類があり,例えば坂を高速で駆け下りることを専門にするダウンヒルバイクというものがあり,このように一点に特化したバイクは山を楽しみたい,といった時には不向きだと思います.

オールマウンテンと呼ばれる,全般的にこなすことができるマウンテンバイクをおすすめします.ロードバイクの項目で上げた同じ価格帯のものを同様の理由でおすすめします.

街乗りや散歩におすすめのスポーツバイクなら

街乗りやちょっとした散歩のためにというあなたには,クロスバイクがおすすめです.

前述のとおりクロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクのいいところを融合してできています.街乗りでは困る場面に遭遇することはないでしょう.ロードバイクよりか,マウンテンバイクよりか,という選択は,ご自身の環境に合わせて選択すると良いでしょう.

ただし,マウンテンバイクよりのクロスバイクを買ったからといって,山道に入ってマウンテンバイクと同様に激しい使い方をする,というのは避けるべきです.マウンテンバイクとは強度が異なります.価格帯としては4万から10万円のものが性能的に満足できるラインだと思います.コンポーネントはロードバイク用のものが付いていることが多いです.

全てに共通した選び方!カッコいいスポーツバイクを選ぼう

全車種共通することですが,価格帯が同じであればだいたい性能としては同じです.(ただしフレームの寸法であるジオメトリが微妙にメーカー,モデルによって違いがありますが,初めて乗る人にはあまり関係が無いでしょう.)

なので,自分がかっこいいと思えるフレームを選ぶことが重要だと思います.性能やコストパフォーマンスだけにこだわって,やむを得ずデザインの気に入らない自転車を買うと,乗らなくなってしまう可能性があります.

初心者のスポーツバイク選び方・買い方における注意点

初心者は近所のスポーツバイクショップがおすすめ

初めてスポーツバイクを買おうと思ったときに,通販を利用することは避けたほうがいいです.

シティサイクルと違い,スポーツバイクはまず,適性なサイズのものを使わなければ本来の力を発揮することができません.その点で初心者なら,お近くのスポーツバイクショップに足を運んで,実際に乗ってみて決めるのが良いです.

また,スポーツバイクショップでは他店で購入したバイクの修理を断るケースが多いです.自転車通販大手のWiggle は対面販売よりも安いですが,それでも充実したサポートを考えると,対面販売での購入のほうが良いです.

また,アマゾンなどで売られている格安の自転車には注意しましょう.

アマゾンを見ると2万円台のロードバイクが売られていますが,前述のとおり,対面販売でのメリットを享受できないことに加えて,レビューを見ていただけるとわかりますが,フレームの溶接がむちゃくちゃだったり,スポーツバイクは出先でパンク修理がしやすいように工具無しでホイールを外すことができる,クイックレリーズというものがついているのですが,そのたぐいの自転車にはついていなかったり,ロードバイクではブラケット(ドロップハンドルについている,ブレーキレバー上部)を握った状態で変速ができないものがあったり,また,マウンテンバイクでは,悪路走行禁止のステッカーが貼ってあったりとスポーツとしての用途には向かないものが多いのでアマゾンやインターネットの通販で買うのは避けるべきです.

自転車通販大手のWiggle はそれらの自転車とは違い,品質が保証されていますが,前述の理由で,一台目の購入には向きません.


合わせて読みたい

スポンサーリンク