こだわり なりたい

普段使いもできるおすすめスポーツサングラスで夏のおしゃれを楽しもう

普段使いもできるおすすめスポーツサングラス

スポーツサングラスの使い勝手の良さを普段使いに! おしゃれで快適な夏のおすすめスポーツサングラスを厳選して紹介します。

    目次
  • 1.おしゃれの練度も快適度も格上げしてくれる、スポーツサングラスとは?
  • 2.スポーツサングラスの機能をもっと身近な普段使いに。その攻略法
  • 3.太陽ともっと仲良くなれる、夏のおすすめスポーツサングラス
  • 4.コレは覚えておきたい! スポーツサングラスを十倍楽しむ裏ワザ

おしゃれの練度も快適度も格上げしてくれる、スポーツサングラスとは?

スポーツシーンの最前線で活躍するアスリートたちのほとんどがスポーツサングラスを愛用しており、その姿はリオ五輪を控え、盛んに目にすることができます。それだけスポーツサングラスの存在が、勝敗を左右する重要なカギとなっていることが窺えます。

スポーツサングラスとは眩しさを軽減するだけでなく、裸眼よりもクッキリと目標物を捕捉できる高機能レンズに加え、顔にフィットするデザインや耐衝撃性、フレキシビリティに富んだフレーム素材など、テクノロジーの粋を集めた“勝つための武器”です。

そんなスポーツサングラスの高機能を普段使いに取り入れることが出来たら、夏はもっと過ごしやすくなるはず。その模範解答ともいうべき、秀逸なアイウェアを紹介します。太陽を味方につけて目元から快適に。そんな夏のアイウェアスタイルを提案します!

スポーツサングラスの機能をもっと身近な普段使いに。その攻略法

スポーツサングラスは、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮するために開発された、いわばテクノロジーの権化。あの近未来的なフォルムは100%、勝つためのデザインなんです。どおりでスポーツシーンにおいて映えるわけです。

でもこのデザインを普段使いに落とし込むとなると、しっくりくるのはアウトドアやスポーツアイテムを取り入れたスポーツミックスくらい。仮に白シャツと九分丈のチノパン、という都会的なコーデに無理やり合わせると、ゾッとするほど浮いてしまいます。

百戦錬磨のファッショニスタをも駆逐してしまう難問の攻略法。それは「スポーツサングラスのブランドが創るタウンユースモデル」。そして「スポーツを趣味とするデザイナーが創る機能的なモデル」に集約されます。

ではその模範解答を2本、紹介しましょう。アスリートたちが贔屓にするスポーツサングラスの重鎮ブランドと、大人の遊び心でファッション界から引く手あまたのハイエンドなブランド。異なるアプローチから生まれたスポーツサングラスの理想がこちらです。

OAKEY(オークリー)

プロのアスリートに愛用者の多いオークリーは独自のテクノロジーを駆使した、スポーツサングラス界の横綱。同時にアグレッシブなデザインから、サーフィンやスケートなど、エクストリームスポーツ界ではストリートカルチャーとして浸透しています。

“LATCH”は普遍的なウェリントン型のフレームながら、素材は一般的なアセテートではなく、スポーツ界で培われた超軽量素材“オーマター”を採用。レンズも有害なUVだけでなく青色光も100%カットする“プルトナイト”を標準装備しています。

また、フロントとテンプルをつなぐ丁番にはクリップが設けられ、Tシャツの衿に引っ掛けた時、うっかり落してしまうという、ありがちなアクシデントを防止。そんな痒いところに手が届く同作は、アメリカの著名な4人のスケーターたちとのコラボモデル。
●1万9440円
http://item.rakuten.co.jp/auc-hood-inc/okl59_9349-03_latchmat_oliink_em/

ic! berlin(アイシー! ベルリン)

0.5mm厚のステンレスシートとネジを使わない丁番の構造でアイウェア界に衝撃を与えた独ブランド。ステンレスの軽さに加え、素材の弾性を利用したホールド感は軽い掛け心地とフィット感を兼備。ファッション界とのコラボも盛んで注目度も高いです。

同ブランドがおしゃれなゴルファーに向けた“GREEN COLLECTION”。レンズは特殊で緑と白のコントラストを強調する光学技術に加え、屋外ではミラーのサングラス、室内では薄色のカラーレンズと、紫外線量で濃淡が変わる調光レンズを装備しています。

ゴルフ場への行き来からコース、クラブハウスとすべてのシーンをこの1本で完結できる秀作。涼を感じる質感とデザインはリネンのサマージャケットを筆頭に、上品なリゾートスタイルにも映えます。問アイシー! ベルリン ジャパンphone/03-6804-2064
●10万5840円
http://www.ic-berlin.de/Green/en

太陽ともっと仲良くなれる、夏のおすすめスポーツサングラス

スポーツサングラスの攻略法を理解したら、他にどんなバリエーションがあるか見てみましょう。アイウェアのトレンドも加味してピックアップしたので、旬なスタイリングにもばっちりフィット。今夏おすすめのスポーツサングラス・コレクションをどうぞ!

ACTIVIST EYEWEAR(アクティヴィスト アイウェア)

N.Y.のブルックリンはかつて庶民が住まう下町でしたが、今やその古い町並みは若手のアーティストたちが集う、随一のおしゃれスポット。その街中をクラシカルな自転車で走るのが、かの地の日常です。同ブランドはそんな彼らの愛用するアイウェアです。

途中から二股に分かれたテンプルが特徴の“Adironduck Wheat”。耳への負担を軽減する機能ディテールですが、これをクラシックな街の空気に似合うルックスに仕立てた、技アリなデザイン。タイドアップしたジャケットにも似合う、筆者おすすめの1本です。
●4万5360円
http://blincwebshop.com/?pid=56486989

narifuri ×spec espace(ナリフリ×スペック エスパス)

自転車とファッションを融合した、お洒落なライダーに人気のブランド「ナリフリ」が、グローバルなアイウェアブランド「スペック エスパス」とコラボレート。福井県鯖江市が誇る高品質な仕上げと自転車乗りの視点による機能が良い塩梅で融合しています。

日本人の骨格に合うカーブシェイプと丹念に磨いた艶が綺麗な“NF643”。美しい造形には、汗でフレームがズレ落ちないよう装備したシリコンノーズパッド、視界の歪みを解消したディセンターレンズなど、シンプルさに高機能がさりげなく備わっています。
●2万7000円
https://www.narifuri.com/shop/products/detail.php?product_id=302

UNCROWD(アンクラウド)

風を切って走るバイクは気持ちいいですが、普通のサングラスは横から風が激しく入って、慣れないと目がシバシバします。自身もバイカーで、同じ悩みをもつデザイナーがヴィンテージのセーフティグラスを基に作ったのが、この機能的なバイカーシェイド。

厚みのあるフロントの内側をゴーグルのように深く削り、風の流れをいなすカーブシェイプで隙間風を遮断する定番の“BLUE BIRD”。実際に筆者も試着してバイクで走りましたが、ホントに目が楽。外見はクラシカルな黒縁で、ワークウェアとの相性は抜群です!
●1万1800円
http://item.rakuten.co.jp/under-throw/ucd_uc-007be/#ucd_uc-007be

ZEAL OPTICS(ジール オプティックス)

釣果を左右する高機能でフィッシングプロをサポートするブランド。“HI-BRIDGE”は丁番に程よいテンションのスプリングジョイントを採用し、日本人の顔幅に優しくフィットします。フレームはクセのない長方形のシルエットで、掛けるシーンを選びません。

特筆すべきは付属のβチタン製クリップオンです。本体に取り付けるとサングラスとして、外せば普段使いのメガネフレームとして使えます。クリップオンには超高性能な偏光レンズを標準装備。水面のギラつきを抑えるその力は、水底まで見える凄さです。
●2万2900円
http://item.rakuten.co.jp/eass/201408110001/

コレは覚えておきたい! スポーツサングラスを十倍楽しむ裏ワザ

さて、お気に入りのスポーツサングラスをヘビーローテーションで使っていると気付けばレンズは小傷だらけ……。本来は悲しむべきですが実はそれ、同時に サングラスカスタム”という、もう一つの楽しみ方が始まる幕開けでもあるんです。

アイウェアのレンズは約3~4年が寿命と言われています。そこでレンズを交換するタイミングで偏光レンズや調光レンズをチョイスして、よりアクティブな1本にカスタムしてみましょう。

偏光レンズとは、2枚の薄いレンズの間に偏光フィルムと呼ばれる極薄のブラインドカーテン状のフィルムを挟むことで、地面の照り返しやガラスの映り込みを遮断する機能的なレンズ。これを既存のフレームに組み込むことで、視界がよりクリアになるんです。

一方の調光レンズは紫外線量でレンズカラーの濃淡が変化。外ではスポーツサングラス、室内ではメガネとして使えるという一石二鳥の機能レンズです。どちらも新しい1本を誂えたような変化を実感できるレンズカスタム。こんな裏ワザも覚えておきましょう!

さて、いかがでしたか?コーディネイトの隠し味として絶大な効果のあるアイウェア。そんな目元のアクセサリーに普段使いできるスポーツサングラスを投入して、今年の夏はさらに一歩踏み込んだ快適さとおしゃれ感を一挙両得しちゃいましょう!


合わせて読みたい

スポンサーリンク